沿革

1947年05月柳瀬朝永、個人にて巴商会を創業
1950年04月川崎重工業(株)と取引を開始
1951年06月株式会社組織に変更
1956年02月(株)神戸製鋼所と取引を開始
1967年04月自動車部品より部門分離し建設機械産業車輌部門強化のため、商事部設置
1967年11月ダイキン工業(株)と特約店契約し空調関係に進出
1978年09月三菱重工業(株)と取引を開始(現・キャタピラージャパン(株))
1983年03月広島営業所開設
1990年09月三菱重工業(株)より東海村、原始力研究所の再処理実験装置のバルブを受注
2001年04月株式会社小松製作所と取引を開始
2002年07月株式会社トモエシステムに社名変更し自動車部品部門を分社
2003年11月明石ロジスティックセンター開設(ALC)
2007年02月ISO 14001認証取得(神戸本社・ALC・広島営業所)
2008年03月小松営業所を開設
2009年07月托茂易(上海)商貿有限公司を設立(100%出資 子会社)
2011年06月ISO 9001 認証取得
2011年11月会社分割を実施
2012年06月TOMOE(THAILAND)CO., LTD.を設立(100%出資子会社)
2014年08月 TOMOE(USA)COMPANY LIMITED.を設立(100%出資子会社)